Happy-夜空

この世に降りた意味鳴らせ 罰当たりと云われてみても いいんじゃない?ねぇ~恋しようか 夢も見ようか

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻想廃人-或いは某K氏の手記-

其實還是推薦的
很多地方其實很萌え
然後有些地方我有點承受不住
因爲很變態
所以隱在下面了

========
01-prologue
02-幻想廃人
03-camera1_entrance
04-双子ノ姉妹
05-歪形寵愛
06-小瓶ノ主張
07-camera5_bathroom
08-兎ノ密戯
09-正常境界
10-悪猫ノ栖処
11-camera9_basement
12-破滅階段
13-女王様ノ斬首会
14-少女ノ盲闇
15-camera6_bedroom
16-幸福論議
17-epilogue


CAST
片雾 烈火  (アリス)
紫季 伊冬那 (某K氏)
神谷 康人  (いかれ帽子屋)
神月 社   (チェシャ猫)
藤泽 大典  (白ウサギ)
霜月 はるか (メアリ.アン)
真田 らいち (トゥイードル.ダム)
真田 ちろる (トゥイードル.ディー)
本桥 智美  (小瓶)
计名 さや香 (眠りネズミ)
月草 星歌  (ハートの女王样)

===================
覺得自己可以接受的繼續看吧

01 Prologue

アリス逃了覺得無聊的課程來到了不可思議之囯,在她面前出現了一只很大的色兔子(色?愛麗絲仙境應該是白色的兔子吧?是不是一眼就看穿了本質呢?但是還是墜入了進去)
某K氏在醫院的附近遇到了アリス
2人的第一次相遇
然後就是2人一人一句内心以各自的角度出發的對白
果然アリス自己也知道真正的應該是白色,卻覺得偶爾有色的也不錯
アリス就像真正的愛麗絲仙境一樣開心的跑給某K氏追
某K氏一步步走向一見鍾情的少女
大人與小孩的區別,アリス沒多久視線就被色覆蓋,掉進了兔子的洞穴
在掉入色深淵時聽到了聲音「もう…放さない」


02 幻想廃人 『歌』

銀毒仕立ての帽子を被り
街へと繰り出す紳士(gentleman)
奇想天外な玩具の翳れと
呪文の羅列を従えて

皆様もご一緒に
穴の底へと叫びましょう
小さな小さな底なしの妄想の穴へ

言葉を枯らす歪んだ叫びは
瞳の壊れた女王様(queen of heart)
切れ味最悪刃毀れ気味の
狂気が唯一の友達さ

皆様もご一緒に
穴の底を覗きましょう
小さな小さな底なしの妄想の穴へ

陶器の我が身を犯し貫く
不変空洞の美少女(beautiful girl)
気違いじみた夢の終わりには
破滅の舞踏がお似合いで

皆様もご一緒に
穴の底へと落ちましょう
小さな小さな底なしの妄想の穴へ

皆様もご一緒に
穴の底へと落ちましょう
小さな小さな底なしの妄想の穴へ

皆様もご一緒に
穴の底へと落ちましょう
小さな小さな底なしの妄想の穴へ

皆様もご一緒に
穴の底へと落ちましょう
小さな小さな底なしの妄想の穴へ



整張聼完之後再回來過就發現這首歌很正常
皆様もご一緒に 穴の底へと/叫びましょう覗きましょう/落ちましょう 小さな小さな底なしの妄想の穴へ
很喜歡這詞


03 camera1_entrance

某K氏帶アリス去他父母留給他的家
某K氏之前出門的時候音樂還開着,背景音樂,曲目是カノン
原來他的父母很早以前就都去世了…因爲聼完了整張來寫的…還看了某K氏の手記…所以有點懷疑XXXX……
然後某K氏把アリス帶去了她的房間
關上了門
最後的關門聲很突出


04 双子ノ姉妹

「ああ!もうこんな時間だ!これじゃまたXX婦人が怒鳴れ付けてしまう!ああ!もう時間がない時間がない」
這個很有愛麗絲仙境的感覺呢
兔子嚷嚷着‘沒有時間了沒有時間了’地奔走
XX婦人是因爲我不知道到底是XX婦人//////愛麗絲仙境不是所有的角色都知道
然後アリス追着兔子先生跑過來卻跟丟了
在アリス困擾的不認識回去的路,想這裡是哪裏的時候
背後出現了雙胞胎姐妹告訴她這裡是「赤の王様の森」
她們的一句話分成2個人說或者一起說還是很可愛的
雙胞胎姐妹說要帶路就拉着アリス去找兔子
然後告訴了アリス一些赤の王様的事情,他在森林的中央沉睡
アリス說要去喚醒赤の王様被雙胞胎反對了
說如果喚醒了就會這裡的所有的一切都消失
然後就問アリス有沒有SEX過
アリス說自己沒有做過,而且這種事得和男生做
雙胞胎姐妹卻告訴她只有女生一起做會更快樂
就把アリス給撲到了
然後就是アリス被雙胞胎姐妹玩弄
在最關鍵的時刻帽子屋救走了アリス
雙胞胎姐妹最後的「もう!これだから男て嫌いなのよ!」很不錯


05 歪形寵愛

森の中の 影が囁く
森の中の 影が囁く

ここには何でもあるよ
色とりとり積み木に
死体制の操り人形
欲しい物は全部あげる

聞こえない聞こえない
凍えた霧の迷路を辿り
手を取り導く こっちへおいで

森の中の 影が囁く
森の中の 影が囁く

ユダの运命数を抱く
君を决して裏切らない
どこへ行こうと同じさ
さあ仆の元へおいでよ

聞こえない聞こえない
冷たく閉じるこの世界から
逃かしてあげるよ こっちへおいで

森の中の 影が囁く
森の中の 影が囁く

怖かるこどなんでない
君が好きでいてくれたら
どこまででも一緒だよ

地獄でも そう地獄でも



很喜歡這首
剛開始的音樂也很有趣
突然斷裂又突然連接再裂開又開始
第一次知道原來我會喜歡這種聲音
森の中の影が囁く←整個腦袋中回響的最多次的就是這句Orz
有點哭泣絕望的感覺讓我感覺很棒
最後的結尾也是突然斷裂


06 小瓶ノ主張

和帽子屋走散的アリス遇見了那只貓
説是遇見其實也只是聽見了貓的説話聲
那只貓突然現身的時候嚇了我一跳
那只貓自我介紹的同時還知道アリス的名字並且告訴アリス只要有關她的事他全都知道
「涙の色も、体の匂いも、あの時どんな声を上げるもね」
貓還說原來アリス已經和‘瓶子’遇到了阿,而且那只瓶還是女生
然後開始瓶小姐和アリス的對話
瓶小姐拜托アリス把身體裏的液體喝掉
是一種白色的液體
在アリス問這是什麽味道的時候
瓶小姐的聲音和某K氏的重疊了
瓶小姐的「飲んでほしいの」「あ~嬉しい」「私をキスして」和某K氏的ははははは聲都很變態
最後瓶子破裂了弄得アリス身上都是那種白色液體
貓先生就問她味道怎麽樣

不論什麽習慣了就覺得好吃了
然後就跟著貓走了
關於液體那個,配上某K氏的聲音
難道是在‘咬’,手記上是說希望アリス能喝他的,應該是吧


07 camera5_bathroom

這一軌就是アリス去上厠所得聲音
應該是某K氏在手記上提起的盜攝了アリス上厠所


08 兎ノ密戯

貓帶アリス去了白色兔子傢,但是白色兔子不在
其實就在旁邊的小屋和メアリアン(傭人)説話
貓帶着アリス就在外面偷看裏面發生的事情
也就是メアリアン犯了錯白色兔子在訓話並且威脅
其實也就是一個願打一個願挨
以不辭退メアリアン來要求メアリアン
讓她在自己面前脫光
從上衣開始脫
「本当に脱ぐんだ、そんなことして恥ずかしくないの」
「おいおい、手で隠してちゃ意味ないだろう」
「うん、乳草の形がいいね」
「大きさも張りもあていいじゃない」
「じゃ、次は下を見せて貰おうか、ほらテーブルの上に座るんだよ」
「もっとスカートを上げて足を開いて」
「ははは、よく見えるよ、君の恥ずかしいところをおくおくまで」
「ふふん、見られて感じてるんだ」
「どんどん溢れてきてる」
「(前略)そろそろいいかな、そこに手をついて、ほら、ご褒美だ」
然後アリス就生氣的走了
貓先生說要招待她去自己家


09 正常境界

還是歌
電閃雷鳴的
可能是這張裏面我第二或者第三喜歡的歌吧
感覺很好
特別是最後アリス的求救和某K氏的笑声
感覺雞皮疙瘩都要掉下來的興奮
「誰かが助けて
私をここから出して
助けて助けて助けて助けて
もうこんなところいやだいやだいやだ
誰かいつもの所を連れて
はやく
痛いよ痛いよ
こんなところいやだ
助けて助けて助けて助けて助けて…助けて助けて助けて助けて」
大概是這些
整段話都穿插了某K氏恐怖的笑声


10 悪猫ノ栖処

貓帶アリス來到了他家
起初アリス還覺得不錯
貓說要去泡茶的時候想起來說要介紹自己的朋友給アリス認識
是老鼠
並且被綁了鐵鏈插了‘長物’在身體裏
然後在アリス面前上演了有點SM的鏡頭
說實話我不是很喜歡這段
可能因文我對貓和老鼠的聲音都沒有太大的感覺
而且
我不控loli正太
沒辦法
然後アリス開始懷疑這一切並跑出了貓的家
遇見了帽子屋
帽子屋告訴她想要從夢裏醒過來只要喚醒赤の王様就行了
帽子屋讓アリス仔細想一切被誰做了些什麽
她在其他屋子裏遇見了色兔子,掉進了森林,被白色液體弄髒了,在桌子上溢出……
在アリス有點承受不住的時候貓又出現和帽子屋吵了起來
爭執中アリス發出了很悲慘的悲鳴聲
然後是女人的狂笑聲


11 camera9_basement

上來某K氏說アリス的狀態很好,他忘記開音樂了
説話的時候都是アリス的喘息聲
某K氏放了音樂
然後再拿説話
在H吧
然後アリス變成了奇怪了哭聲和慘叫
某K氏的聲音一直放的很溫柔做的事情和說的話就很可怕
應該是某K氏在小記裏寫的那段吧


高潮


12 破滅階段

奇怪的歌
又是都是アリス的求救聲
「痛いよ痛いよ
やめて
そんなことしないで
私なんにもしてないのに
いやいやXXXXXX(不清楚,都是アリス在那裏的懺悔以後一定會怎麽怎麽樣之類的)」
「苦しい苦しい」「助けて助けて」的2重奏
然後就是某K氏說很疼吧很疼吧
這就是我的愛,我的愛的分量,好好的接受


13 女王様ノ斬首会
14 少女ノ盲闇
15 camera6_bedroom
16 幸福議論
17 Epilogue

這5軌沒有聼
因爲アリス之前的慘叫聲有點刺激到我了
不過我喜歡她的求救聲
最後的結局看K氏の手記知道了
其實……我寧願聼也不願看的
但是我卻先看了手記。。。




[K氏の手記]
神様、感謝します。
ついに運命の人と出合えました。

彼女に名前を聞いたが、どうもちゃんと答えくれない。
生活には支障はない。

モニタールームに入るのは久しぶりだ。
電源は生きている、ノイズは乗るが映像もみれる。
ビデオテープを用意しよう。
そう、ちょうど彼女で13人目だ。
不吉な数字だが、僕たち二人の愛には関係ない。
どうやらこの子は頭の調子が悪いらしい。
黙っていると思えば笑い出したり、僕のことをウサギや猫と呼ぶのだ。
しかし、それも彼女の魅力だ。
受け入れるてあげてこそ恋人だろう。

森へ散歩に出た。彼女がかわいくてつい押し倒してまった。
でも心の準備できていないようで、逃げられてしまった。
焦ってはいけない。

昼頃、彼女がトイレに入っているところを撮影した。
彼女が自ら足を開き、ピンク色の割れめから温かな黃金水を排出している。
他人のモノは臭くてたまらないのに、恋人のものはそれこそ飲み尽くしてもいいほどだ。
これからは僕がすべて飲み干そう。そして僕のものは彼女に消費してもらう。
お互いの体液を共有するのだ。

痛いのは苦手なのか、彼女は少し暴れるようになった。
こういうときのためにロープを買っておいてよかった。
縛られた彼女を見ているうちに興奮してきてそのまま4回もしてしまった。
もしかして自分は早漏か?

左眼に目蓋の上からキスをする。
そして彼女の頭を押さえつけ、縫い針を瞳孔へ近づける、
絶え間なく動き回るブラウンの瞳に針の先端が埋まって彼女は獣のような声を上げた。
抵抗なく、するする沈む針の感触が楽しくて僕は何度も手を動かした。
僕は彼女の眼窩を犯しているのだ。

彼女が痙攣している間、ずっと彼女の中を行き来していた。
ぎちぎちと締め付けられた僕のモノが鬱血して感覚をなくしていく。
腐って落ちてしまうじゃも。
だが、それもいい。
そして、彼女が動かなくなった。
刹那、僕の股間からおびただしい量の精液が放出されて表情も、
悲鳴も、嘔吐物も、あそこのしまり具合も、すべてが最高だった。
僕がこの恋を成就するために、最後の仕上げに取り掛かろう。
あ、しまった。
最後にもう一度口でしてもらえばよかった…。
光は僕らを包(みこみ)空へと還してくれるだろう。

願はくば、骨はあの丘の墓(地の)彼女と眠りたい。
そのためにも手記が燃え尽きて、闇へと還ることを願うばかりだ。
しかし、こんな状態でもペンを走らせ(る)ことができるなんて、習慣というの恐ろしい。
いや、もともと書くこと自体がすきなんだ。
もしかしたら、僕は小説家にでもなっていたんじゃなかろうか。
そろそろ時間だ。
番組表のとおりならショパンの曲がかかる頃だろう。
彼女の部屋で、彼女の好きなものに身を浸しながら、彼女のもとへ行こう。
そして憂鬱で醜悪なこの親愛なる現実に決別を。
最後に。
いつも
またいつのひか、どこかで...
スポンサーサイト

*Comment

 

阿姨很变态呢
  • posted by 小蚂蚁 
  • URL 
  • 2008.01/17 00:17分 
  • [Edit]

 

老师``U``就算我看不懂全部``
也知道``U是BT```-.,-
来打我啊``
  • posted by ATM 
  • URL 
  • 2008.03/16 20:08分 
  • [Edit]

 

她本來就是BT
還用你們說麽

  • posted by 落紫 
  • URL 
  • 2008.03/16 21:22分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://siskeylin.blog50.fc2.com/tb.php/178-7ad1a674

Menu

杯子貓貓時鐘

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


解析

毒瘤

Author:毒瘤
Name:sizuku
純屬個人YY的場所
閑來沒事看看就好
留不留言無所謂^^
如果心情好翻譯了東西的時候
想轉載請向我本人確認

by:惡趣味的某人
PS:頭像是阿茂繣給我的///我本人沒有那麽可愛////

星占い

最近的YL事跡

**雪降るブログ**

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。