Happy-夜空

この世に降りた意味鳴らせ 罰当たりと云われてみても いいんじゃない?ねぇ~恋しようか 夢も見ようか

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Kinki Kids]H

(2005.11.16) KinKi Kids - H album

Arabesque~千夜一夜の夢~
 
I’m looking for your hand. Only lonely night, Yeah.
You’re looking for my hand. Lonely 1000 nights, Yeah.
 
哀しみ隠すように 横顔だけ見せてる
上手に嘘をついて 僕の事困らせてほしい
 
愛しあい 傷つくたび 不安な夜に堕ちてく
君の手に触れながら 脅えているよ
 
千夜一夜の夢 愛のすべてを捧げながら
君を抱きしめよう 星がすべて燃えつきても
離しはしないよ このまま
 
涙の跡を消して 祈るように見つめる
この胸頬を埋め 枯れるまでただ泣いてほしい
 
求めあい 失うたび 激しく乱されてゆく
絡めあう指先が 信じているよ
 
千夜一夜の夢 泡沫に消える運命でも
君を抱きしめよう 永遠の終わりがきても
離しはしないよ このまま
月の夜 星の朝 満ては欠けるロマンス
紡いでくArabesque時間を越えて

************************************************************
Anniversary
星の数ほどいる 人のなかでボクは
偶然、あの日出逢い 恋に落ちたよ
愛が苦しみだと もし教えられても
ボクは迷わずに キミを選んだだろう
 
この空で 数え切れない星が 生まれては 人知れず消えてゆくよ  
 
『キミヲアイシテル』そんなひとことが 
飾らずに言えたなら どんなに楽なんだろう 
もう二度とキミを 泣かせたくないから 
何気ない今日と云う日が ボクらの記念日 
 
なんか不思議なんだ キミがボクを好きな 
理由がわからないよ…そんなもんかな? 
趣味や仕草だって 違っているけれど 
最近、似てきた…と友達に言われる 
 
嘘吐いて キミを泣かせたあの日 ただボクは黙ったまま 何も出来ず 
キミがいるだけで ありふれた日々が 
鮮やかに彩られ 愛が満ちてゆくよ 
この気持ちだけは 忘れたくないから 
何気ない今日と云う日が ボクらの記念日 

*************************************************************
恋涙
 
ねぇ…恋涙 あたしが勝っても 恨みっこなしよ
死なせない 運ばれた命から 生まれたLove
 
そんな眼は捨てておいで あの冬あなたが云ったの
素直に従った 恥じらいを飼いながら
血液が流れてる あなたを抱き返す為ね
呼吸は続くわ 愛しさを欲張って
 
誰かのことを 想える心がある
だから恐いの 幸せは何時も 死角狙ってる
 
ねぇ…恋涙 二度と帰ることなく 銀河の果て
堕ちないで 輝いてて 夜にもたれていて
 
愛しの顔が曇った 『試練』迫りくる合図ね
隠すのはよして こっち向いて求めて
優しい嘘は 明日へ昇って咲く
日陰を作った 太陽ギロリ 二人を睨んでる
 
嗚呼…恋涙 激しく大地を 縫って堕ちてくわ
大丈夫 恋は様々が育てるものよ
嗚呼…恋涙 ひとつあますことなく 食べてあげる
死なせない 運ばれた命から 生まれたLove

************************************************************
【AOZORA】
 
夢中で駈けた日々 そっと振り返る
目を閉じたなら はらどんな時もいつも 胸はふるえてる
 
吹きぬける風に まっすぐ続く道
見上げてごらん ほら息もできないごど 澄んだ青い空
 
羨んでみたりもしたけど 足りないものなど何もない
どこへでも行けるどこまでも 遮るものは 何もないから
夢中で駈けた日々 そっと振り返る
広がる空に ほらどんな時も僕の 胸はふるえてた
 
あたりまえに見えるものほど 本当は大事なものだと
人は誰も忘れてしまう その優しさに気づかないまま
 
流した涙 きえ残る夢 埋め尽くせない心 出会った友
眠れない夜 繋いだ手と手 全てが君になる Uh きっと
 
吹き抜ける風に まっすぐ続く道
見上げてごらん ほらどんな時もそこに
君の青い空
 
口笛をふいて ふたりこの道を
どこまでも行くよ

*************************************************************
キミハカルマ
 
廃墟に迷い込んだ天使は 泣かずにただ月を見ている
どうしてココにいるのかなんて 迷わない 嘆かない きっと帰らない
愛の気持ちは 無敵だって信じた
あんなに無邪気な僕らは 欲望とか夢とか愛とか
限界はない 絶望もない そう思ってた
 
わすれたい?わすれない?…わすれられない
キリがない君はカルマ 永遠に恋しい 何度でも生まれて 何度死んでも
君に巡り逢ってしまう そのたび僕は 最初の恋をする
 
サヨナラ この手を放して ふたつの運命が離れていく
ふり向いてもふり向かないで もし僕が 悔やんでも 君が悔やんでも
真っ赤な闇で 君の声がして
もしもその声が僕を 呼んだとしても…夢でも待てない
運命とか 未来とか きっと待てない
 
深い傷を抱いて 繰り返そう 悲劇が待ってたとしても 君に逢えたら
美しい思い出と 引き換えても もう僕はかまわないと 今なら言える
きっと言えるのに
愛の気持ちは 無敵だって信じた
あの頃を思い出そう 手を伸ばして 名前を叫んで
強く抱いて くちづけて もうはなさない

*************************************************************
Love Me More ( Koichi solo )
 
I have everything to make you fall in Love
Cast a spell to you My secret magic…yeah
Come and Love me more
 
Only thing I think about
君の濡れた唇 指先でなぞるように そう優しく
One little touch of you will change 愛を確かめたくて
言葉じゃなく 触れるような その眼差し
 
Love me more Hey now…come to me
汚されてしまう前に 抱きしめたい
 
I just want you to be my girl
Let me kiss your lips My special magic…yeah
Come here by my side
 
One little touch from you will change 胸の奥に秘めてる
君だけの秘密を 僕に聞かせて
すべてをさらけ出すまでに 時間はかからないさ Baby…
そう特別なSecret Spiceほら恋に落ちていく
 
Love me more You know… how to kiss?
目が眩むほどのキスで たかぶらせて
 
All I want is you僕のものさ
Magic for my girl魔法かけて
Just a touch of you…uh… 触れるだけで
Close your eyes and just… もっとそばにおいで

************************************************************
Breath ( Tsuyoshi solo )
 
眠たげな夕立が 連れ去ったくちびる
スローモーション繰り返して 進めない季節さ
 
空ぽの週末を 赤い目で溶かした
スローモーション繰り返しても 君はいつも陽炎
 
幸せについて 僕はいつも答えをだせず
また同じような人を好きになる
 
繋いだその指が 嘘で汚れていても
憧れで見えなかったあの日々に
溜息だでが残る
 
明き方の交差点で 早起きを笑って
スローモーション憂鬱だけ 引き伸ばす景色さ
 
知らぬ間にできた痣のように
君の心に 僕はあるのだろうか?
 
繋いだその指が 嘘で汚れていても
憧れで見えなかったあの日々に
溜息だでが残る
溜息だでが残る

************************************************************
ビロードの闇
 
痛いくらいの不安をひとりで抱え 眠れぬ夜に打ちひしがれる
こんな時代じゃ退屈な夢も 僕らは見るとさえ許されないだろう
 
砂漠のように辛辣なこの都の片隅
息をひそめ 肩…抱き寄せ 接吻をしたね
 
ビロードの闇に融けだす 剥き出しになった愛情
僕はキミの手を握り シアワセの光が指す場所へと目指す
刹那を抱きながら…
 
甘い願いを夢見て眠っていても
虚ろな日々に愛は色褪せてしまう
 
琥珀の月が照らしだすキミと云うオアシス
疲れきった 僕…潤す 腕のなかで
 
ビロードの闇を掠める
微かに光った純情
僕はキミの手を握り
希望と云う名の風をまとい歩き出した
彷徨人のように…
 
ビローこの闇に浮かんだ 愛する気持ちは本能
この澪つくし守るよ キミだけをこのまま

**********************************************************
ダイヤモンド‧スターリー
 
ポケットにつめ込んだ ダイヤモンドみたいな夜
見慣れた星空も遠ざかる 『さよなら』言わないで 旅立つ僕ら照らして

 
不安な気持ち隠すように 大きな声で歌ってみる
あの日の歌が僕らを生かす 君と僕で描くストーリー 終わりはないんだ

 
ポケットにつめ込んだ ダイヤモンドみたいな夜
何処までも行けそうさ 笑顔さえもダイヤモンド 心の扉を開いて
 
手にした憧れと同じだけ 向くした声もあるけど 立ち止まる事はしない
 
僕だけの魔法だって 言葉にすれば解けてゆく
何もしゃべらず 僕らは歩く たよりなくも 美しい 僕らの旅地さ
 
ポケットにつめ込んだ ダイヤモンドみたいな夜
傷ついて泣いていた そんな日々もダイヤモンド まだにね世界を想って
 
誰だってそうさ ひとつだけ なくさず持ってる
 
ポケットにつめ込んだ ダイヤモンドみたいな声
暗い夜、手をつなぐ
その心がダイヤモンド
心の扉を開いて
開いて…開いて…開いて…

************************************************************
駅までは同じ帰り道
 
君の唇 白い息さえ 僕を揺さぶるのさ
あまり話したこともないのに こんなに好きなのさ
 
片想いのセーターの胸元 ほころびやすい
どんなふうに つくろえばいいのさ きみがいる 目の前
 
白い雪が君の 肩の上でとけて行くよ今 どうすればいいのさ
駅までは同じ帰り道 二人と呼べない君と僕
 
目を見て話す「さん」付けで呼ぶ 君はごく自然に
僕はいいやつのふりをしつつ 男を意識する
 
片想いの時間はこんなとき やけにはやくて
時を止めるなんてことはとても 無理だって わかるよ
 
白い雪が君の 髪の上に舞い落ちたよ今
どうすればいいのさ 駅までは同じ帰り道
二人と呼べない君と僕
 
去年の冬は 雪が積もった  Oh Yeah
都市の機能は 脆弱だった だから…
 
白い雪が君の 肩の上でとけて行くよ今
積もりそうにはない 駅まで行けばそこで さよならさ

**********************************************************
未完のラブ.ソング
 
そして淡き日々は過ぎ
次の階段の前で 僕らは少し 無口になる 曇った午後
けして変わったのじゃなく 時間と言葉 足りなくて…
愛はいつも 身勝手な 表情を見せ 困らせる
 
Oh 傷つけたり 抱き寄せてみたり
僕らのラブソングは 未完成な 徬徨いの響き
二人が探し求めている メロディー
重なり 溶け合うその調べは いつ聴こえるの?
 
いつも傍にいてほしい 今はひとりにしてほしい
矛盾の壁に 翻弄され 募る痛み
絶えず流れある河に 足を取られそうになる
愛はとても 悪戯な 罠仕掛け 試してる
 
Oh みつめあったり 話題そらしたり
僕らのラブソングは まだ続くよ 約束の響き
二人が奏でる真実のメロディー 静かに 耳を傾けたなら 聴こえてくる

 
明日に架かる橋 必ず渡ってみせる 不安な風にも 負けることなく…
僕らのラブソングに 最終章はない 永遠の響き
二人の愛をずっと信じているよ たしかに 云える言葉はひとつ
今も愛してる…」
Carry On, So Carry On, Carry On,

************************************************************
99%LIBERTY
 
愛を信じないで今日までは生きて来た 裏切られても傷つかなくていいよ
うに
欲しいモンは言葉じゃなくて ココロかい?
ドアを蹴破る時は冷靜な顔で 後ろ髪引く声に譲歩しないで
エゴイズムってアジトに潜んでいたのに
サイアクだ あなたは 僕のセキュリティーをかいくぐって
100分の1の 不自由に純愛と言う罠をそって仕掛けた
愛を喰らった 99%LIBERTY せつないマシンガンで もうズタズタ
甘い毒を飲み干したように 不自由な自由でどうしよもなくなっている
 
好キダ好キダ好キダなんて言い倒して 手も足も出なくなった自分を笑っ

気がついたんだ 足りなかったのはコレだって
サイコーだ あなたは 沈黙したその目に ヤラれそう もう見つめない

縛られたみたいな僕に OH キスをして
あなたのせいだ 99%LIBERTY 胸の傷に永遠も誓う
こんな愛を知らずにいたら 僕はクールにキメた道化者
サイアクだ あなたは 僕のセキュリティーをかいくぐって
100分の1の 不自由を今シアワセと言う 痛みに変える…
トドメを刺して 一途な瞳で もう何处にも逃げないように
純愛と言う運命の闇に ユメもアシタも捨てたっていい
愛を喰らった 99%LIBERTY 楽園に堕ちたような衝擊
あなただけに抱かれた僕は 100%自由の愛と言う籠の中

****************************************************************
In My Heart
 
雨の中に消えてゆく 寂しげな後ろ姿
揺れる傘が見えなくなるまで いつまでも眺めていた
 
抱きしめればそれだけで お互いを分かりあえた
そんな日々がこの胸の奥で ゆっくりと色褪せてく
 
覚めない夢と 思ってたけど In My Heart
 
I’ll Never Feel Your Love Again
With My Memory You Lost.
こぼれたねがいは ただ悲しみに 形をかえてゆく だから今
Just Leaving My Love.
 
重ねあった指先が感じてるこの想いを
言葉にすることも出来なくて 涙の跡を隠した

終わりないStory 信じてたけどIn My Heart
 
I’ll Never Need Your Love Again
Everything is Over Now.
さよならの後に 二人の明日は 二つの明日になる だから今
Just Leaving My Love.
 
In My Heart
 
I’ll Never Feel Your Love Again
With My Memory You Lost.
こぼれたねがいは ただ悲しみに
形をかえてゆく だから今
Just Leaving My Love.

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://siskeylin.blog50.fc2.com/tb.php/24-4068752e

Menu

杯子貓貓時鐘

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


解析

毒瘤

Author:毒瘤
Name:sizuku
純屬個人YY的場所
閑來沒事看看就好
留不留言無所謂^^
如果心情好翻譯了東西的時候
想轉載請向我本人確認

by:惡趣味的某人
PS:頭像是阿茂繣給我的///我本人沒有那麽可愛////

星占い

最近的YL事跡

**雪降るブログ**

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。